40代からの不快と不安を減らす「美容脱毛」と「介護脱毛」

●お気に入りアイテム

私らしさを取り戻す、装いと空間へ。

True Colors! 代表 あだちようこです
詳しいプロフィールはこちら

時が止まった夏休み前半(コロナ感染により)を取り戻すかのように、西へ東へ朝から晩まで逢いたい方々に会いに行く濃縮した1週間でした。

恐れていた長引く倦怠感も無くなり、仕事もオンライン/現場共に再開しました。

美容健康と老後を考えるアラフォー世代

前回の記事で自宅療養中の女性のボディケアやデリケートゾーンについて記載しましたが、やはり男性と女性では体の仕組みも違うので、体調不良時の気になる点も違うことを実感。

現在私は43歳。自分の「老後」…も気にならないことはないけれど、美容健康の方が切実。しかし今回は、10日間ほぼ寝たきりになり、自分が「介護される側」のことも頭によぎりました。
介護=老後ではないですね。病気で年齢関係なくそうなる可能性があることも考えました。

体調が悪いと判断能力が劣る

体調不良で思考が朦朧とすると「考えること」すらしんどい。行動する云々の前に、行動するための判断をする力が失せるのです。

「考える」「判断する」など、脳を使うことは、行動する以上にエネルギーや時間を使う場合もあります。

私は片づけの仕事をしていますが、片づける際に必要な「要る」「要らない」の判断はすごく脳を使うので、体調がイマイチだと判断が鈍るし、考えるだけでも、後からどっと疲れが来たりします。

年齢を重ねれば体力も落ちるし、思考が鈍るのは自然なことかもしれませんが、そのサポートや後始末を最初から諦めて周りに任せるのは、自分の理想とする人間像とはズレがあるので今自分できることはやっておきたいなと考えています。

このブログを読んでくださっている皆さんはいかがでしょう?

自分自身に介護が必要になったとしても、心身ともに豊かな老後に繋げていくため、一時的な美容ではなく、将来を見据えた投資的美容健康の積み重ねをしていきたいのが今の私の考えです。

30代でやってよかった「全身脱毛」

2年前の41歳の時に書いた記事「30代で自分に投資してよかったと思う事 BEST3公開」で第2に挙げたのが「全身脱毛」

詳細は記事に書いていますが、きっかけは当時50代で脱毛を始めた母の言葉『自分が介護される側になった時に綺麗でいたいから』というものを思い出して。

同じするなら、美容脱毛から介護脱毛を見据えて少しでも早く全身脱毛をしておこうと通い出したのが始まりです。

「不快」と「不安」を減らしておくことのメリット

コロナ自宅療養中のお風呂に入れない不快は、全身脱毛をしていたおかげでかなりストレスフリー!

そして老後を想像しても、脱毛に関しての「不安」はほぼ無い状態なので、ただただ倦怠感にうなされるだけで(苦笑)必要以上に不安に駆られることもなく、全身脱毛の見た目を綺麗にしたり、不快を減らすだけでなく、半永久的な「不安」を取り除く大きなメリットを受けることができました。

脱毛業界の変化

私が社会人になった20年程前は脱毛サロンは高額で一本一本光を当てるので、痛いし時間もかかるというイメージが強かったです。

脱毛サロンに通う メリット&デメリット

数年前は比較的値段も明確になってきて、当時宣伝ももあり少し気軽に通ってみようかな、と思えたこともあり、アラフォーになり私が通ったのは脱毛サロンKIREIMO(キレイモ)

毛量や望むゴールで期間や施術回数も変わりますが、私は12回程のコースでトータル20万円台でした。途中コロナ禍になりサロンにも通いづらくなり予定より期間は長くなりましたが2年半程で終えました。

《サロンのメリット》

・スタッフさんに任せられるので自分はベッドに寝転んでいるだけで全身の脱毛施術をしてもらえる

《サロンのデメリット》

・恥ずかしい(笑)
・それなりの費用は必要
・コロナ禍で感染など気になるなら通いづらい


気になる方はご紹介でお得に通えますので良ければお友達紹介リンクをご利用下さい

セルフ脱毛器購入 メリット&デメリット

当時、サロンを探す時に一番最初に考えたのは、「自宅で自分でできないかな?」でした。しかし当時はこれと言ったものは皆無。ですがコロナ禍の需要もあってだと思うのですが、今回の自宅療養中に調べると沢山ありました!


是非ご自身でも自分に合ったものを調べてもらいたいですが、サポートや機能・口コミなどで良さそうなもの数点ご紹介しますね。

先に紹介した家庭用脱毛器も販売している全国展開サロン

お子さんの脱毛を考えらえる方の声も聞くようになりましたね

《セルフ脱毛器のメリット》

・一人でこっそりできるので見られる恥ずかしさがない
・サロン通いと比べて費用を抑えられる
・家族で兼用できる
・コロナ禍での身内以外の感染の不安がない

《セルフ脱毛器のデメリット》

・自分で全身施術するには難しい箇所もある(背中など見えない部分)
・本当にちゃんと当てられているか不安になりやすい

時代や世の中の変化とともに脱毛業界も機能・価格と利用しやすくなっていますね。私は選択肢がサロンしかなかったですが、それなりのコストがかかっても、施術をプロにお任せでたのは良かったと思っています。でも今から始めるなら、、、迷いますよね(笑)

選択肢が沢山あれば良いってもんじゃないのですよね。複雑(笑)

心理的安全であること

冒頭にも申し上げたように、アラフォー以降は美容健康へのコストと時間がかかるのを実感しています(ちなみに今は自爪ケアに奮闘中!)

そして何より目に見えない自分自身の「不快」と「不安」を減らしておくこと。つまり心理的安全であることは人生の質を高める重要な部分だと捉えています。

美容脱毛だけでなく介護脱毛を考えてらっしゃる方のご参考にもなりましたら幸いです。

タイトルとURLをコピーしました